ループスケジュールを作る。時短施策:その4

スケジュールを作る、というのは普通にやるとおもいます。 これは簡単にいうと、ルーチンワーク化して、これを無限に繰り返されるスケジュールにしましょう、 ということです。 通常業務で、多く時間をとっているのは、 1、ものを探す。 2、次に何をするかを考える。 3、仕事を中断される。 の3つがメインだとおもいます。 ループスケジュールは2の時間をゼロにするためのもの。 ループスケジュールとは、習慣を形にしたもの。 例えば、 あるスタッフと関係強化のためにランチにいくとして、 スポットスケジュール: 気づいたときにご飯に誘う。 ループスケジュール: 毎月1回、第二火曜の12〜14をそのスタッフとランチMTGとしていれる。 ここでのポイントは、 スケジュールに入れることです。 Googleカレンダーに入れる、手帳に書く。 私の一日の例で言うと、 一週間の成果を書き出す、というのを金曜にやっています。 スポットスケジュール: 1週間を振り返る。 ループスケジュール: 金曜の14〜16に一週間の成果ベスト10を書き出し、チャットワークに保存。 これはもはや、スケジュールだけの話ではないですね・・(笑) 前者は以前の私で、ノートに書き留めていただけでした。 後者には、ルーチンになりやすいように、テンプレのフォーマットもあります。 時間もフォーマットも決まっているので、アクションへのハードルが低く、再現性が高く、習慣化しやすい。 ぜひやってみてください。

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です