時短経営をなぜやるか?

なぜ時短経営をやる必要があるのか? やろうと思ったのか? それは 私が20代前半、 「理想の人生」というものを考え抜いて、想像をはりめぐらし、人生で実現したいことを書き出していきました。 そこで必要なものは、 「時間」と「お金」という結論に達しました。 そんなの当然だろ、と思われるかもしれませんが、実現できている人は少ないのではないのでしょうか。 ・海外を自由に旅したい、 ・トライアスロンに出てみたい。 ・東京のセミナー、海外のセミナーに躊躇なくいってみたい。 など考えたとき、通常のビジネスマンがぶちあたる壁。 「時間がない・・・・」 お金がない、といいうのももちろんですが、私の夢や欲求は、 ポルシェを持ちたい、高層マンションを買いたい、ブランド品を身に付けたい、などの所有型ではなく、 ヒマラヤを登りたい、リオのカーニバルに行きたい、本を買いてみたい、カフェを経営したい、など体験型でした。 体験で必要になる資源は、お金よりも時間です。 例えば、スペインのトマト祭りにいこう、ってなったときに、時間は1週間くらい、費用は50万円くらいでしょうか。 50万円なら出せなくはない人も多いでしょう。ただ、この時期に合わせて、現地にこれる人はきわめて少ないでしょう。 現地に来るかどうかよりも、現地にいくかどうかの選択権をもっている、というところでしょう。 当時、25歳くらいのとき、オーストラリアをふらふら回って帰ってきて、考えた。 収入は月に30万円でいい。 でも、働く時間は月に1時間がいい。 もっと働くなら100万円くらいはほしい。 毎日バカみたいに働くなら1000万円くらいは目指したい。 ・・・・ あれから10年経ち、世界のトレンドや価値観は間違いなく、「体験型」「お金より時間型」にシフトし、私のような考え方はそこまで珍しくもなくなった、と感じています。もちろん依然マイノリティではありますが。 素晴らしい人生には、「時間」は必要条件です。(十分条件ではありませんが) もしこれを読んでピンときた方はお気軽に連絡を頂ければ、幸いです。 ofc.kei@gmail.com

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です