請求書をクラウドで管理:時短施策その6

先日、弊社でインバウンド事業で、請求書をクラウド管理し始めた。 概要をいうと・・・ ・GoogleDriveのスプレッドシート上に請求書を作る。 ・で、週に一回、あがった売上を打ち込んでいく。 これだけ。 誰でもできます。 どれくらい変わったか、をBefore/Afterで比較すると・・・ Before: a.請求書を紙で出力。 b.請求書を送付していた。 c.顧客に途中経過を問われると都度計算して出していた。 d.社内の経理担当が入力 After: a.請求書をGoogleDriveで閲覧 b.送付せずに画面にみにいってもらう。 c.顧客に言われると、リンクを送り確認してもらう。 d.社外のオンラインアシスタントが入力 もっとも大きいのが「d」のオンラインアシスタントに依頼できること。 時間短縮、コスト削減、業務の「誰でもどこでも化」を実現。これをすべての業務に展開できると、社内業務に革命が起きるでしょう。

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です