6ヶ月以内に僕たちが『家』を断捨離することにした理由。

定住は当たり前なのか?

 

突然ですが、あなたは家に住んでいますか?

 

つまり、、定住していますか?

 

定住していない、というのは、居候しているか、ホテル暮らしか、という意味です。

 

僕は、リアルノマドな人に出会って衝撃を受けるたびに、自問自答してきました。

 

「なぜ大阪に住んでいるのか?」

 

ホリエモンも言っていたような。

 

「なぜ畑を持っている農耕民族でもないのに、定住しているのか?」って。

 

「なぜ自分は定住しているのだろう?」

 

この問いには、

 

自分の会社が大阪にありそこに通わないといけないから、くらいの答えしかなかった。

 

いまは、週に1回の朝礼と、月1の報告会くらいしかない。

 

それなら、奈良の山奥とか東京の都心に住んでもいいのではないか、と思った。

 

で、さらに月1の出勤にして、シンガポールに住む、とかもできる。

 

タイのピピ島なんてのもおもしろい。

 

そうなるとライフスタイルもよりエッジが効いて、僕の理想のライフスタイルへ加速がつく。

 

さらにファンも増えて、自分の価値があがるかもしれない。

 

嫁に相談すると、

 

「6ヶ月?? もっと早くしようよ」

 

( ;´Д`)・・・・・汗

 

本当に誰でもできるのか??

 

ステップ:

  1. 現在の賃貸の一軒家を解約して、Airbnbなどの1ヶ月の短期貸しを転々とする。もちろん「普通の、便利なところには住まない」
  2. これが成功したら、次は300km以上離れた町にすむ。2~3ヶ月。
  3. この次はアジア圏に行ってみる。

 

費用面:

現在駐車場付きで12万円の賃貸だが、郊外や田舎になれば、1ヶ月で10~15万円くらいの物件がある。Airbnbなら、光熱費もオーナーが支払うので、実際は賃貸に比べてかなり安くなる、と踏んでいる。礼金・敷金もない。

 

つまり、

①通常賃貸

12万円+光熱・通信費3万円+礼金・敷金・火災保険・仲介手数料・引越し代

 

②民泊

15万円

 

と費用はほぼ変わらない。

 

足かせになっているのは、ほとんどの人は仕事でしょうね。

でもいまの世の中ってここまでテクノロジーが発展して、スタバでみんな仕事をしているのに、同じ場所に通うってなんかバカらしくないですか?

 

理想の人生を追いかけるところからスタートかな、と。

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です