高校生でもわかる自己投資の話②〜自己投資係数を出しましょう〜

自己投資係数とは?

 

さて前回に引き続き・・・

 

あなたは年収のうち何円くらい自己投資に使っていますか?

 

これをエンゲル係数(収入のうち食費の割合)に置き換えて、自己投資係数と呼ぶことにします。

 

この言葉はいま思いつきました笑
月給が手取り25万でそのうち5万円を自己投資に使っていれば、

 

5万円÷25万円=0.2となり、自己投資係数は0.2となり20%となります。
やはり最低でも自己投資係数は10%以上を目指すべきだと思います。

 

ただ、食費とは違い、月によって、変動もあると思うので、年間で出す方がよいでしょう。
税引後年収が400万円なら10%の40万円を投資する、とはじめに決める。

 

セミナーや本などの教材は、「時間を買う」って考え方をした方がいいと思います。
その人が10年かかって出来たことを自分に教えてくれる。

 

自分が3年かかって気づく道を1ヶ月で気づくことができる。

 

そう考えると安いものなんです。

 

僕はいま、年間500万円くらいを予算で考えています。

実際使っているのは年間200〜300万円。

 

会社経営をしているので、これくらいの予算は使えるんですが、個人なら難しいでしょう。

 

ただ、僕は25歳でアルバイトをしていて月給12万円程度のとき、会社を休んで3日で18万円のセミナーにいったりしていました。

 

当時の社長に、こういう理由で休みたい、というと

 

「お前は絶対に成長する!」

 

と言われました。

 

そらそうでしょうね。そんな奴滅多にいないし、僕も職場でそんな奴にお目にかかったことがありません( ^_^)/~~~

 

いまは会社の税金の関係などもあり自己投資係数は出してませんが、それでも10%は使っています。
この係数の高さと成長角度と完全に比例するでしょう。

 

 

では、そのセミナーでのリターンはどうだったのか?
この問いはあまり意味がないかな、と。

 

このセミナー単発でみたら、おそらく価格相応だったと思います。

 

これを年間トータルで見る。

 

セミナーもいったが、本も大量に買ったし、音声教材も買ったし、DVD教材も買いました。
この年、年間で50万円くらいを投資したとしたら、おそらく500万円くらいのリターンを得たと思います。

 

あなたも、年間の自己投資係数を出してみませんか?

 

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です