僕が20代にどうやって自由になったか〜その1〜ジンセイの個人旅行〜

 

〜この文章はmixiに2007年4月に書いたものの転載です〜

 

 

新入社員を見て思うこと

 

この4月、TVで新入社員の働く姿、とかやっているのをよく見る。

 

そのたび、思う。

 

「あそこには帰りたくない・・。」

 

僕はいま、会社には雇われていない。

 

カッコいい言い方をするなら市場(シジョウ)に雇われている。

 

ぼくは会社員でもなければ、アルバイターでもなく、社長でもない。たぶんニートでもないんだろう。親父の会社はたまに手伝うが給料は1円ももらっていない。

 

最近は職業の欄に個人事業主とか自由業と書いている。

 

お金も時間もかなり、自由になってきた。

 

僕の目指す理想のライフスタイルに近づきつつある。

 

・・思えば、ぼくは自分の人生を自由に生きたかった。

 

僕は月曜のランチくらいは自由に頼みたいし、

チェスくらいは自分の思うように指したいし、

MIXIでの文章くらいは自由に書きたいし、

海外旅行くらいは自由にやりたいし、

自分の人生くらい自由にやらせてほしい。

思うようにさせてほしかった。

 

隣のやつとかナナメ前のやつとかにやいやい言われたくない。

 

「最低でも3年はやってみろ」?

 

会社に入ると、よく
「最低でも3年はやってみろ」
というがおれはそうは思わない。

 

じゃあそいつのいうことを聞いて3年働こうって決めて、
いやなことをやり続けたとしよう。

 

で、そいつが交通事故か何かで2年目で死んだらどうなるんだ?

 

そいつにとってそれは納得のジンセイなのか?
その3年やれって言ったやつはそいつの人生に対して責任をとれるのか?

 

っていうか3年の意味が分からん。

 

3年やってても何も進歩してない奴は死ぬほどいるし、3ヶ月でもそいつ自身をフルに出して、周りに貢献してる奴もいる。

 

そもそも、ぼくにとってカイシャっていうのは自動車学校だ。
隣には教官がいるし、学校内ではぶつけてもたいしたことにはならない。

 

カイシャに雇われずに生きるということは、自分の車で公道に出るということだ。そういう生き方のスタンスの話だ。

 

迷子になるかも分からんし、
事故っても「初心者でした」ではすまへんし、
知らぬ間に交通違反をしているかもしれない。

 

その代わり、自分で好きなときに好きなところにいける。
わるくない気分だ。

 

ジンセイの個人旅行って何やねん、はげ。
と言われそうなんで、

 

きょうから
ぼくが23歳の時から、
ジンセイの個人旅行者に憧れて、
彼らみたいになりたくて、
お金と時間をひたすらに追い求めてきた
この3~4年をサクッと振り返ってみよう。

 

この文章を2004年の春、新卒の入社初日、親が死んだかのようなテンションで地下鉄に乗り込む、あの日の自分にささげたい。

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です