続:なぜあの人は辞めた会社と良好な関係を築くことができるのか?

プレオープンパーティーに行ってきた。

どうも、タカケイモト@週休5日社長です。

先日僕が大阪心斎橋でブランド時計のプレオープンパーティーに招待されて、行ってきました。

10年前に働かせてもらっていた時計のオンライン通販の会社です。

これからインバウンド客に向けて売っていく、とのことで、約1年前いビル一棟買って準備を着々と進めてきたらしい・・・・

69910fac4845d8dc263abd3327cbd24f

中では、オペラ歌手によるミニライブがあったりとか、上品な感じ・・

 

8年ぶりの再会・・・

 

7〜8年ぶりに会う取引先の方とかに会って話をし、想い出に浸っていると、

こういうのに呼んでもらえるのは本当にありがたいな〜、としみじみ。。。。

社長が創業のきっかけをつくってくれた・・・インド人富豪

息子のロニールにはドバイの結婚式までいっしょに行ったな・・・

この会社では本当にいろんな勉強をさせてもらった。

(詳細はこの投稿を参照)

行ったらここの社長が「おーケイモト写真撮ろう!」と行ってくれて、写真を撮った。

元スタッフで撮ったのは僕だけだったのではないかな?

 

アルバイトなのに特別な関係

 

どうして、一介のアルバイトだった僕がこういう関係を作れているのか?

退職後も
・アメリカ企業視察ツアーに誘ってもらったり、
・ドバイに知人の結婚式にいっしょにいったり。

と時間を共にした。

 

長期的な関係を築くために必要なことは、『長期的な関係を築こう』とすることだ。冗談を言っているわけではなく。
そのためには貢献すること。無理でも貢献しようとすること。
・結婚してからすぐに挨拶に行った。
・この社長と奥様に誕生日に何度か贈り物をした。
・退職の時も、1ヶ月延長して、という要望に応えた・・・

 

人生レベルで付き合う人が何人いるかで人生の質が変わる。

 

要は、
長期的に付き合いたいと思うかどうか。
人生レベル、30年、50年のスパンで付き合う、と考えて、それが誰なのか、どんな人なのかを考えること。おそらくそういう人は出会う中でも5~10%程度だと思います。

付き合う人を絞る、というのも人生の質(Quality of Life)を高めることだと思う。

みなさんは、人生レベルで付き合う人が何人いますか?

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です