【社長向け】社長の時間を2倍に、スタッフを半分に〜7月の時短賞〜

時短賞とは?

 

毎月「時短賞(ジタンショウ)」なるものを決めて表彰しています。

で、きのうも7月の時短賞を発表したので、一部シェアします。

 

ってか、そもそも・・・

 

「時短賞(ジタンショウ)」って何・・?

 

仕事における『時間短縮』のアイデアを実行し、結果を出してスタッフを、

社長の僕が独断と偏見で星をつけて、表彰する、というもの。

 

これを毎月月初に社長が決めて、Evernoteにアップして、社員に連絡します。

いまで、半年くらい続けています。

 

時短の例をちょっと説明しましょう。

 

最近の一例で表彰したものでいうと、

 

・民泊サポート事業でのAgoda予約管理の外注化

 

これは宿泊予約サイトの管理業務を、社内でやっていたものを、外部パートナーにやってもらうようにした、というもの。

社内業務が社外業務になった、という例ですね。

 

時短賞=ミシュラン?

 

時短賞は1つ星〜5つ星までつけていて、星に応じて、賞金も違います。

 

1つ星:何もなし。
2つ星:1,000円
3つ星:5,000円+有給1日
4つ星:10,000円+有給2日
5つ星:30,000円+有給3日

 

と、時短賞に関しては、有給をプレゼントしています。

有給をつけるのは、こういう考えがあるからです。

 

【基本的な考え】

・お金が欲しい人は、お金を稼いだらいい。稼いだ人はお金をたくさんもらう権利があるし、あまり稼がない人は、たくさんはもらえない。そこそこの報酬で我慢しよう(→時間あたり生産性)

・時間が欲しい人は、時短をしたらいい。時短をする人は休みをもらう権利があるし、時短ができない人は、休みはもらえない。長時間労働でカバーしよう(→時短施策・時短賞)

 

時短に関しては、めっちゃうるさく言っています。

「時間」こそが全てにおける最重要資源ですから。

 

きのうも

 

僕、
お金の無駄遣いより
時間の無駄使いの方が
はるかにうるさいんですよね〜。

 

と会社チャットで発信したくらい。

あなたの会社では、時短施策に取り組んでいますか?

 

前置きが長くなったので、7月の時短賞、次に書きますね。

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です