才能を発見して、最高のシゴトをする方法。その1

何かいいことないかな

毎日が楽しくない・・・

おもしろくない・・・

というか、しょうもない・・・

 

そういうイライラや、

モヤっと、

僕自身も感じてきた。

 

 

20代の時は、シゴトに没頭しながらもこの何か違う

と思ってこの曲に共感を得ていました。

 

 

一方イキイキと人生を楽しんでいる人もいる。

それをわけるたったひとつの違いって何か?

『才能を発揮(はっき)させる』

その一つで解決するのでは、と思う。

 

 

で、

自分自身でそれを感じて、

33歳くらいのときに、

3ヶ月くらい考えまくったんですね。

 

一人合宿をしたり、セミナーにいき倒したり、

人にあって話をしたり・・・

で、そこで自分の才能や価値観をクリアにすることができたんです。

最後の合宿を終えた時には、

自分の中でステージが上がったというか、

脱皮したというか、大げさに言うと、

神秘的な感覚になったんですね。

 

一人合宿のすすめ〜その1〜人生の角度が変わる〜

にも書いているの参考に(^^)

 

 

才能の正体とはなんなのか?

 

そもそも才能の正体って何なんでしょうか?

例えば、

「イチローは野球の才能がある」

この言葉を否定する人はいないと思います。

 

では、才能の定義とは何なのか?

自分自身や周りの人もなんらかの才能を持っているのか?

もし持っているとしたら、発掘することは可能なんでしょうか?

 

僕なりの才能の定義は以下の公式です。

 

才能 = 執念 × センス

 

長くなったので次にいってみましょう。

 

 

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です