あなたが自己満足的に生きなければならない理由。〜僕がかっしんの人生を変えた話〜

幼馴染から届いた一通のメール

 

「よくそんなに自己中でいられますね( ;´Д`)」

 

ってたまに言われます。

 

僕自身もたまに思います。

 

いま僕には、

 

「自己満足を追求すること、好きなことをやることが社会貢献になる」

 

という確信があるんですね。

 

 

僕の価値観が変わったきっかけの事件があったんです。

 

僕が学生時代に

 

自分のキャラを破って

 

ヒッチハイクをして

 

海外一人旅をして、

 

ということをしたんですね。

 

過去の投稿に書きましたが。

 

 

で、僕の小学校からの友人の

 

「かっしん」という子がいたんですが、

 

22歳の時ですね。

 

ある日ケータイにメールが届いたんですよね。

 

「沖縄までヒッチハイクで行ってきたよ。」

って。

 

「ええ~~っっ!!??」

 

そんなチャレジングなことする奴じゃなかったやん!?

って。

 

で、そのメールを読んでいくと

 

「ケイモ(と呼ばれていた)が海外に一人旅とかしているのをみて、

おれも頑張らなあかんな~、って思ってやった」

 

これは衝撃だった。。。。

 

頭をハンマーで叩かれたような衝撃Σ(゚д゚lll)

 

こんなことがあるのか、と。

 

僕は誰かのために一人旅をやったわけじゃない。

 

別に誰かの役に立ちたくてやったわけじゃない。

 

ただ、自分のためにやっただけ。

 

それが人を動かすなんて。。。。

 

自分>他人が最上の人生となる

 

そうか、

 

「自己満足を追求していったら、

人の人生を変えるくらいのインパクトを持つんだな。」

 

とそれまで50%くらいの半信半疑の自信だったものが、

 

90%近く、揺るぎない確信に変わって行った。

 

 

他人のために、 
他人に貢献する、 
他人の役に立つ、 
他人を喜ばせる、

 

 

という前に

 

 

自分のために、
 
自分に貢献する、 
自分の役に立つ、 
自分を喜ばせる、

 

ことを考えるべき。

 

もちろん捉え方によっては、 
刹那的で、 
自己中心的で 
ダラダラするようなことが 
自分を喜ばせる 
という解釈も起こるかもしれないが、

 

そういうことではなくて、 
もっと心の奥底から沸き起こってくる 
「歓喜」 
「嬉しい」 
というような感情。

 

いわゆる、 
「心の声」 
を満足させるべき。

 

 

コップに水を注いでいったら、
やがてあふれていって、
そのこぼれたものが
人にシェアされていく。

 

喜びってそういう感覚なんですよね。

 

自分の水がカラカラなのに、
他人に注げないですよ( ;´Д`)

 

だってないから。

 

 

と、話はずれましたが、

 

僕自身も

 

自分の深い心の声を満足させるために

 

日常を捨てて、あの頃のように

 

自分を捨てて、チャレンジしていこう。

 

その結果として、誰かに影響を与えられたらいいな。

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です