才能を発見して、最高のシゴトをする方法。その3〜ジョハリの窓のワークショップ〜

社内向け才能開発ワークショップ

 

ジョハリの窓のワークを社内でやりました。

 

社内で自由参加・有料一人200円でε-(´∀`; )

 

社内向けチャットワークで書いた公募の文章は。↓↓

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【企画するでよ・じぶんを発見して才能に目覚めよう!】

 

もっている才能に気づいたら人生は変わる。
もっている才能に気づくのは本人しかいない。
というシンネンのもと

 

9月経営方針に沿って以下のワークをします。
>メンバーの強みを分析して、組織の最適化をする。

 

内容:『ジョハリの窓』をベースにけいもとが強み発見のゲームつくり、

 

そのワークを通じて、最後にみんなでフィードバックをします。

 

ジョハリの窓とは?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なぜこれをやろうと思ったのか?

 

それまでは心理学なタイプ診断などはやっていたんですね。

 

エニアグラムとか、

 

あなたの価値観は何か?

 

とか

 

好きなものは何か?

 

みたいな。

 

 

それに偏っていたので、

 

「好き」と「得意」でいうと「好き」に偏っていたので、

 

「得意」とか

 

「才能」

 

これをもっと発掘してみよう、と思ったんです。

 

 

人生で成功するには二つしかない。

 

それは、僕の言葉でいうと、

 

「センス」と「執念」

 

 

世の中の言葉で「才能」と「努力」と言ったりもする。

 

執念の方が大事だと思うけど、

 

センスって結構わからないことも多い。

 

僕は、

3年ほど前に行った自分発見のセミナーで

 

「書く」と「話す」が強く出て

 

講師の人に

 

「うわ〜、これ強烈やな〜!Σ(゚д゚lll)」

 

と言われて、ここに才能があるのかな、とその後もジワジワと思うようになったんですね。

 

で、やることにしたのが

 

「ジョハリの窓」

 

詳しいことは、、検索してみてください・・・( ;´Д`)。

 

 

実際のワークショップ

 

 

参加者8人が集まって、

 

事前に渡していた20の質問を自分を含めて全メンバーを記入してもらいました。

 

で、始まる時に公開して、

 

項目が4つの窓に分かれたものがオープンにされます。

 

 

そもそも才能発見のワークをした中で『ジョハリの窓』を選んだ最大の理由は、

 

「いっしょにゲームをすることによりその場で他者からのフィードバックがもらえること。」

 

これこそが最強の時間なんですよね。

 

例えば
 
「◯◯さんは空気を読むが不得意って自分で言っていて、周りもつけていないけど、

食事の時みんなに気を配っているので得意だと思います」
 

とか

 

「xxさんが全体的に点数が入っていないのは、みんなと仕事をする機会がなくて

わかってもらっていないだけ。これからもっと自分を発信していこう」
 
とか

 

やはり人にどう見られているか、っていうのはいっしょに働く上で超重要ですよね。

 

もっというと個人がブランドを作っていく中でさらに重要になっていくんですね。

 

 

さらに言うと、

 

社内で全員から200円をもらって、ワークショップをやる僕が一番勉強になった。♪( ´▽`)

 

僕の才能のひとつは企画だと思っているので。

 

社内で企画をして、集客とセールスをして実行までもっていくわけだから。。。。

 

みなさんもぜひ、「才能」をみつけたら失敗を恐れずアウトプットしてみましょう( ^ω^ )

 

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です