【超・断捨離】 モノへの執着を捨てれた話

※この記事は、私ナマケモノのヨメであるアザラシさんによる

アメブロ「30日で家を捨てる」の2016.10.06エントリー 分の転載です。

 

 

家を捨てる。

モノを最小限にする。

というと、

いろんな人から、「えー!そんなことできるの?!びっくり」って言われます。

 

「すごいな、ヤルなぁ。私もやりたいんだけど、全然できない。。。涙

と。断捨離したいけど、できないって言う人が大半。

 

詳しい話、コツは別に書くとして、

私が執着を自然に手放せた、と思えた話を2つ。

 

1つはナマケモノさんとの会話の一言。

「思い出の品をずっと持っているっていうのは、

未来より過去の栄光キラキラにとらわれてる証拠。

甲子園の砂を大事に持ち続けて、

あの頃はよかった、輝いてた。とずっと言ってるようなもの。

時間が止まってる時計

 

なるほど。。。

思い出の品を置いてるのが悪いとは全然思わない。

 

だけど、「捨てれない」って言葉を使う人は、

本当は捨てたい、捨てたほうが良いって思ってるのに、

ブレーキをかけてるのかも。

その理由は、過去にすがっているからなのかもしれない・・・

 

 

もうひとつ、一番衝撃だったのはこちら。

 

ブラジル、セムコ社CEO リカルド・セムラー氏のTED

 

o0214014213776169069

 

日本語のタイトルは「ほぼルールなしで会社経営をする方法」となっているけど、

経営の話というより、”今”を有意義に生きることについて話してます。

 

その中のエピソードで、

50歳のある日、奥さんと二人で焚き火をし、

これまでのあらゆるものを火にくべた。

38か国語に訳された本、何百もの記事、DVD、5人の子供たちとの思い出の記録etc

という話があります。

 

o0510038813776175063

 

この話を聞いたとき、頭に鮮明に情景が浮かんで、、

すごく感じるものがありました。。

 

50歳の夫婦が、穏やかな顔で、思い出の品をすべてゆっくり火にくべている。

何にも執着せず、見返りも求めず。

過去の達成、良い思いですべて手放し、”今”を生きる。

 

うまく書けないけど、

「”今”と本当に大切なものを大切にするために、心地よく手放す。」

ってことを教えてくれたエピソードです。

 

ご興味ある人は見て見てね。(日本語全文

 

 

 

 

 

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です