通貨$ADKを保有して、『キングダム』を読む。

僕は、出会う人からの情報って結構信用していて。

好きな漫画は?って聞いて5人に3人くらいが「キングダム!」って答えて。

 

しかもみんなキングダムについてアツく語ってくるんですよねー。

ここまでいうなら読んでみようって思って読み始めた。

なかなかおもしろいので、おすすめです(^_^*)

 

 

 

ところで、ADKって知ってますか?

Aidos Kuneenっていう暗号通貨の1つ。

 

詳しくは、ググるか以下のリンクとか参考に(^_^*)

【仮想通貨】ADK(Aidos Kuneen)はかなり化けそう
 

 

去年夏くらいから、知人が、

「めっちゃおもしろい銘柄がある」っていう話をしてくれてて。

 

ADKについては、Slackもはいって調べたけど、結局、あまり理解はできんかった(笑)

 

で、あまりにリスキーだったので、手は出さなかったんです。

で、最終的に11月に資産の10%くらいを投じた。

なぜ買ったか、っていうと、一言で言うと、

 

「そうそうたる情報強者が推薦しているから。」

TwitterとかLINEグループとかでこの人の情報とかリサーチ力すごいなーって思う人たちが推していた。

 

具体的な名前はあげれないけど、

すごい奴がすごいっていっている人はすごい。

 

・野球で言うと、イチローや落合がすごい、って言っているバッターはすごいでしょう。

・2人以上のめっちゃグルメな人がこの店はおすすめっていう場合、そのお店が信用できる場合が多い。

 

だから、その情報強者たちが「これはいい!」って言っているものはいいだろう、っていうある種、食べログで1位の店に彼女の誕生日に連れて行く、的なややリスキーなbetをしたわけ。

 

 

僕は10年後も生き残っている通貨として確信をもてるのはBTCとETHくらいしかそれくらいだった。

もちろん、Bitzenyとか、LISK、XEMとかそのほかも有望だと思うんだけど。

 

投資案件としてみた場合、ギャンブル・リスキーなポートフォリオをバラバラに手を出すくらいなら、この1点に絞って、他のギャンブル投機はしない、と。

 

でも、化ける可能性は大いにある。

だって、誰がどうみてもリスキーだから(笑)

買ってる人はちょっと頭おかしいw

西アフリカに一人旅にいく、くらい冒険心の強いやつじゃないと、って思う。

 

 

以下、リスク。

・取引所が1つ。しかもそれはADKの発行会社が運営するADKのみの取引所。要するに潰れたら終わり。潰れなくてもなんかあれば終了。

・Coinmarketcapにランキングされていない。どうやらADKのボスのリカルドさんとここが仲わるいみたい。

・取引所がしょっちゅうメンテナンスに入る。しかも出金できなくなることもしょっちゅう(笑)

 

 

裏返すと、5年前にBitcoin買ってるような人って頭おかしいと思うんですよね。

つまり、リスクとチャンスは一体ってことなんだよね。

 

僕の友人は2017年の夏に50万くらいをいれて、いま50倍くらいになってる。

ぼくは11月くらいかな。

 

この友人から話を聞いていて、そっから保有することに決めた。

 

ま、こういう調べてもわからんから情報感度の高い人の進める人のものにベットするっていう選択があってもいいんじゃないかなって思う。

 


 

 

話は戻りますが、

キングダム読んでみてはどうでしょうか。

秦の始皇帝が全国を統一する話。

 

 

セブの英語学校であった優秀な学生は、このマンガにインスパイされて、西安に旅行にいく、と言っていた。

作中は49巻まで進んでいるがまだ7つの国のうち一国も平定していない。

始皇帝が統一する頃には何巻になっていて、僕は何歳になっているのだろう。

 

 

ADKがいつか他の暗号通貨を平定するならば、その物語は始まっていないのかもしれない。

リカルド・バドエルがマーケットキャップを統一し、皇帝と呼ばれる日は来るのだろうか?

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です