人生の値段〜あなたの時間いくらなら売ってくれますか?〜

人生の値段

 

自分の人生の値段って考えたことありますか?

命の値段といってもいいでしょう。

あなたの命いくらなら売りますか?

もし、命がわかりにくければ、時間に置き換えてください。

 

「1年」なら何円で換金するでしょうか?

「1日」なら何円で売りますか?

 

分かりやすく言うと、

人生を売る、というのは、

たとえば『わたしの人生の値段は1億円』という人がいるとすると、

「僕が1億円を支払うと、僕はあなたの命を思い通りにできる権利を得る」ということです(^^)

 

これって「『時給いくらか計算しろ』、っていう話だよね」

という方もいますが、似ているけどちょっと違います。

 

時給というのは、「労働=お金」だけの話。

その時間に入ってくるお金のみの話で、その労働が生み出す付加価値やシナジーなどは含めれていないので。

 

1日の値段=本来感じるべき価値

 

何人かに聞くと、

1日あたり、1~10万円、くらいになりました。

僕の場合は1日500~1000万円程度の換算をしています。

 

普通の会社員の年収レベルですね。

なぜこうなるのか?

来年、来週にでも人間は死ぬかもしれない。

死なないかもしれないが、死ぬ可能性もわずかにある。

 

もし、来週死ぬとしたら、

どんなことをするだろうか?

いままでとは別の時間の過ごし方をするのではないでしょうか?

まだ、1日を1万円や10万円で換金するでしょうか?

 

さきほど書いたように1日500万と言ったのは、それくらいの価値を感じている、ということ。

逆に言うと毎日を500万、1000万円受け取ったと、同等の時間を過ごさないといけない、

と自分に言っているのと同じです。

 

例えば、1日10万円の仕事をしたとしたら、残り490万円分のことをする、ということ。

数年後に入ってくる、『資産』を構築していく、とか、時間を忘れるほど熱中できることをやる、とか。

お金では買えないほどの経験をする、とか、後日振り返ってもよかったな、というほどの思い出を作る、とか・・・

 

そういうことです。

時間っていうのは取り返しがつかないんですよね。

いま、この瞬間も流れて行っている。

以前のエントリー『時間:金=ハゲ:デブ理論』も参考になるかもしれません。

 

さて、あなたの人生の値段はいくらでしょうか?

1ヶ月、1日の値段はいくらでしょうか?

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です