時短施策の成果報告会

こんにちは。 Taka@台湾高雄です。 このブログを見て、時短経営を実践してくれるひとがいると嬉しく思います。 もしあなたが会社で時短経営を進めていこうと思ったとして、スタッフに時短施策を継続的に出してもらうことができたら、ずんずん前進していくはず。スタッフが10人以上もしくはチームや部署が3つ以上あるなら、時短施策の成果報告会をするべき。 これは、社長が時短施策の中で特に大きな「成果」だと思うものをピックアップし、月に1回、30分ほどでいいので、報告会を開催する。 注意点としては、 ・全員あつまる。 ・実際の画面や状場所、状況をみせて、みんなに説明。 ・質問も これをすることにより、 ・その成功を他のチームでも実行する、という可能性につながる。 ・その成果が再び全員に再認識され、そのスタッフのモチベーションがあがり、会社がそこに価値を置いているという発信になる。 ・実際の画面や状況を見ることによって、そこのメリットとデメリットをもう一度考える機会にする。 ということで、先週は 「時短成果報告会」を行った。 シンプルにどういう施策か、というのを画面をみてみんなに説明してもらう、というもの。  

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です