台湾出張で想い出した『シェアのある人生』

 

仕事で台湾にいってきたよ。

 

年に一度の挨拶回り。

 

 

 

 

10年この仕事をしてきたけど。

 

 

3年ぶりに会ったりとか、5年ぶりに会う人とか。

 

みんな辞めないでいてくれて嬉しかった・・。

 

最も長い付き合いは8年くらい。。。

 

彼らの会社を訪問すると

「どーん」と巨大なものが・・・

 

 img_2404

 

開けると

 

なんとでかいケーキが!!

さらに両社のロゴが入ったものが!

 

img_2405

 

夕食会ではまたケーキが出てきて、

おきまりのように顔にぶつけられたり、

 

 

何より一番嬉しかったのは、

彼らの家でBBQをしたこと。

 

こういう付き合いをしたかったんだよな~。

 

 

 

ビジネスで何百万円返品、とか弁償とかタフなこともあるけど。

いろんな想い出をシェアしてきたな〜・・。

 

ところで

このBBQ普通に路上ですよ・・・( ;´Д`)

 

img_2562

 

そこには懐かしい顔が・・・。

 

工場長の奥さんとか。。。

img_2528

 

いやー、懐かしい。

 

img_2558

(左が私・・・)

家にも入れてもらった。

 

息子さんと娘さんと初めてあった。

 

 

でもこういう関係がいいよね。

 

なんか理想はビジネスじゃなくて物物交換とか、こういうの。

 

最終日もフライト直前まで地元の市場とか案内してもらって・・・

 

 

img_2576

 

 

僕は思うんだけど、

 

飯食ったら友達。

 

家泊まったら親友。

 

って感じかな。

 

お土産も異常にくれました。。。

ただ、台湾の器とかパイナップルケーキとかウイスキーとかもらいすぎて、持って帰れないレベルになった。。。

モノあんまり持ちたくないから、要らないです。とも言えず。

 

とりあえず会社に寄贈しました。。。

 

 

 

高雄でもAIrbnbで社員3人で利用してきました。

 

ホテルより安いし、リビングでグダグダ会話して家族みたいになるな~、と。

 

 

img_2420

 

クリスマスツリーまで。

 

img_2422  

 

洗濯機は地味に嬉しいよね。

 

ホテルでは過ごせないようなリラックスした時間になった。

学生同士みたいな笑

 

20代の女子社員2人と

近くの夜市に行って飲んだり、

バーに行ってなぜかそこにあったマリオカートで対戦したり、

夜中コンビニでカップラーメン買ってきて食べたり・・・

 

 

シェアっていいな〜、と。

 

部屋のシェア。

経験のシェア。

時間のシェア。

食事のシェア。

思い出のシェア。

 

シェアってお金が安いっていう利点だけじゃないんだよね。

一人でご馳走を食べても美味しくない。

そこに感動はない。

 

シェアの本質は「バショ」とか「ジカン」を共有することで、

化学反応が起きて、関係性が生まれる。

 

シェアすることによって、「見えない何か」が増える。

間違いなく、「何か」が増える。

 

その「何か」を僕はこれからの人生で追い求めていくつもり。

 

 

最後はこの写真。

 

img_2426

 

高雄のカフェレストランにて。

 

Fantastic Lifeのメールマガジン。
『ナマケモノからの手紙』
ナマケながら執筆中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です